FC2ブログ
広島市で発生した土砂災害は、多くの建物が一瞬のうちに崩壊し押し流され、死者70名を越える大惨事となった。

(1)特別警戒区域がむしろ安全?

新聞報道によると、今回の被災地は、「土砂災害危険箇所」ではあったが、その多くが「土砂災害警戒区域」や「土砂災害特別警戒区域」には指定されていなかったという。

このような記事を読むと、「特別警戒区域」が大変危険な所で、「警戒区域」が割と危険な所で、「危険箇所」は少し危険な所という感じを持たれる方が多いのではないかと思う。
すなわち「特別警戒区域」は危険度大、「警戒区域」は危険度中、「危険箇所」は危険度小、というランク付けである。

しかし実はそれは間違っている。
これらの公表や指定の経緯を見ると、先ず「危険箇所」が公表され、それを受けて、「警戒区域」や「特別警戒区域」が指定されていったのだが、その指定作業は十分には進んでいない。
「警戒区域」に指定されれば、自治体主導で区域内住民に対する危険周知や避難態勢の整備が行われる。
また「特別警戒区域」に指定されれば、それらに加えて宅地造成や住宅建設について一定の安全性を確保するよう、実際の設計上、築造上の規制が行われる。

つまり「危険箇所」の内、「警戒区域」や「特別警戒区域」に指定された所は、それなりに有効性のある防災対策が行われるのであるが、これらに指定されていないところは、全く無防備なままなのである。
調査がなされた上で、危険が少ないから「警戒区域」などに指定しなくてもよいと判断されたのでは決してない。
ただ、指定が色々な事情で(中には資産価値が下がる恐れがあるという理由で、住民自身が指定を拒否する、すなわち防災対策を拒否するということも多いと聞く)、まだ行われていないにすぎない。

したがってそのような現状を考慮すると、住むにあたっては、建物や土地造成の実際的な安全上の規制が行われている「特別警戒区域」が一番危険度が少なく、危険の周知や避難態勢の整備などが行われている「警戒区域」が次に危険度が少なく、何も行われていない単なる「危険箇所」が一番危険であるということになる。

もし皆さんが、分譲土地や住宅を購入しようとお考えなら、その点を理解した上で、よく調べてみる必要がある。
まず「土砂危険箇所」でないかどうか。(各自治体に問い合わせればすぐわかる。)
もしそうであったら、「警戒区域」や「特別警戒区域」に指定されてるかどうか。
指定されていれば、その規制などにしっかり準拠した築造が行われているかどうか。
そして「危険箇所」であるにもかかわらず、「警戒区域」や「特別警戒区域」に指定されておらず、何の対策も施されていない場所の土地や建物であるならば、それが最も危険であると思った方がよい。
スポンサーサイト
住宅設計全般 | コメント(0) | トラックバック(0)
私の設計室が、音楽室(防音室)の設計と工事を手がけるようになって数年がたちました。
ホームページやブログを見た方からの、いろいろなご相談を受けて、実際の仕事として防音室の工事をさせていただくのは大変うれしいのですけれど、私の設計室のことを防音工事専門業者と思われている方が、けっこうおられるのが、実はちょっと残念なのです。

私の設計室は、元々、住宅全体の設計を本来の業務としてきて、多くの実績を残しています。
その業務の中で、いわば付帯業務として始めたのが、防音室づくりです。

ところが私どものように、建物の総合的な設計を行うことができる一級建築士であり、同時に音響的な設計にも通じていて、かつ音楽や楽器についての知識もある設計士がたいへん少ない(というか殆どいない)ので、防音室作りの方がクローズアップされてしまったようです。
(私自身がその点をセールスポイントにしたのも事実ですけど)

そのために、ご相談にこられるお客さんの中には、家全体の設計は、別の設計事務所やハウスメーカーに依頼しなければならないと思っておられる方がおられて、防音工事だけを私どもに依頼される場合があります。
もちろん、すでに出来上がっている建物において防音室をつくる場合は、それでいいのですけれど、これから一から新築をする建物においても、そうしようとされるかたが多いのです。(というより、そうすべきものだと思われている)

それは違うんです!
私の設計室は“家全体を設計する”のが本来の業務なんです!
そして私どもが防音室を手がける理由は、当初から防音室を建物全体のどこに配置するかを考え、近隣住戸との位置関係を検討し、さらに自らの家の他室(寝室や子供室)との位置関係も十分に考慮していくという基本設計が、とても大事なことだからです。

さらに音楽室の音響を良好なものにするためには、その形状、特に天井の高さが大切な要素であり、それを十分に確保するためには、建物全体の基本構造を当初から考慮して設計しておかなければならないからです。
(他でも書きましたが、その点をおろそかにして防音室をつくってしまって、その音響の悪さや、部屋としての居住性の悪さにがっかりされて、私どもにご相談に来られるかたが、本当に多いんです)

そのためには、家全体の設計と防音室の設計の両方が、しっかりとリンクして行われなければなりません。
それは単なる設計事務所(建築士)ではできませんし、単なる防音工事屋さんでもできません。
それができることが、私の設計室の強みなんです。
そこのところをご理解いただいて、防音室を作る際は、ぜひとも私どもに家全体の基本設計からタッチさせていただきたいと思っています。
住宅設計全般 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |