FC2ブログ
さて、兵庫県加東市にある、上鴨川住吉神社。
わりと小じんまりしているが、いかにも神社らしい神社だと私は思う。
どういったところが神社らしいのかを、これから書く。
というのは、神社と言えば、出雲大社とか、春日大社とか、兵庫県内で言えば、西宮の戎神社とか、神戸の湊川神社とか、ああいった大きくて立派なかまえの神社が神社だと思っている人が多いからだ。
しかしそうではないのだ。本来の神社らしい神社とは、この上鴨川住吉神社のような神社をいうと思うのだ。

道路からは、境内の様子が全く分からない。そこに神社があることさえも、見落としてしまいそうなくらいだ。
車を2,3台停められる程度の駐車場(というよりも空き地)があって、そこから石段を登る。
石段を登るまで、やはり境内の様子は見えない。

IMG_1137a.jpg

石段を登りきると、境内があるが、塀などで囲われているわけではない。まわりが杉などの高い木で囲まれていて、そこだけぽっかりと空いたような空間になっているのだ。
それがいかにも神域という感じを醸し出している。
建物がいくつか建っているが、境内の周囲に沿って建っているので、境内の中央は広場的に空いている。建物もきわめて質素な造りだ。

IMG_1136a.jpg

で、面白いのは、その広場の中央に、木の幹が一本立てられていることだ。
実は私が訪れたのは、この神社で一年に一度催される「神事舞」という舞踊的神事の数日前だった。そのため、その神事のための、神さまの依り代(よりしろ)として、その木の幹が建てられていたようだ。神さまというのは、普段はそこにいるわけではなくて、どこか高い所にいるので、神事をするときには、降りて来てもらうのだ。依り代は、そのための目印である。

広場の奥側に鳥居があって、そこからまた石段を何段か上るようになっている。そこにも建物がある。それが拝殿だ。
拝殿は、本殿とは違う。本殿はもっと奥にあって、降りてきた神さまは、そこにご滞在になるので、それを拝むための場所が拝殿だ。
出雲大社などで、大きなしめ縄がある建物が拝殿だ。観光ガイドブックなどでは、それがドーンと紹介されるので、それがメインの本殿だと思っている人が多いが、そうではない。本殿は拝殿の更に奥にあって、通常、あまり見えない。
この上鴨川住吉神社でも、広場からは本殿はよく見えない。鳥居をくぐって、石段を上がると、拝殿の奥に見えてくる。
このへんの奥ゆかしさも、同じ宗教建築でも、お寺とは違う、神社の特徴と言える。

IMG_1135a.jpg

さて、その本殿は、1970年に解体修理が行われ、その時に木部の塗り替えなども行われたので、他の建物に比べると色鮮やかで新しく見えるが、1493年に建てられたものだから、すでに500年以上を経過している。
流造(ながれづくり)の優美な建物である。

私がこの神社を気に行ったのは、そのあり方が権威主義的でないこと。
古事記や日本書紀によって、神さまは天皇(つまり当時の最高権力者)の祖先として権威づけられ、以来、そのことを強調するような豪壮な造りの社殿を持つ神社が多く造られてきた。
しかし、この上鴨川住吉神社は、それ以前の、民衆の守り神であり、また畏れの対象であった神さまのありかたの雰囲気を、よく残していると思う。
こういった神社は、都会ではなく、こういった田舎に多数点在すると思う。そのような神社は、観光ガイドブックには殆ど載ることがないだろうけど、それを一つ一つ訪ね歩くのは、たいへん面白そうな気がする。

なお、同行した安田倫子女史(この人は仕事上のパートナーですが、一緒に暮らしている人でもあります。)は、さいしょ私の蘊蓄を、ふーん、などと言いながら聴いていたが、そのうち銀杏の大木の下に、たくさんのぎんなんが落ちているのを見つけ、車からビニール袋を取ってきて、私の話なんかそっちのけで、それを集めるのに夢中になってしまった。
しかし、家に帰ってから、煎って食べたぎんなんは、粒が大きくて、綺麗なエメラルドグリーンをしていて、とても美味しかった。


(追記)
上鴨川住吉神社神事舞の写真のサイトがありました。
http://kobe-mari.maxs.jp/kato/sumiyoshijinja_shinjimai_01.htm
スポンサーサイト
文化 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示