FC2ブログ

設計室の車のこと

2012/07/14 Sat 15:58

今年の4月に設計室の車を買い換えました。
日産キューブです。
それまでは3ナンバーの2500CCのセダンに乗っていたのですが、燃費が悪く、ハイオクガソリンでせいぜいリッター7キロくらいしか走らない感じで、車の買い替えはガソリン代の節約が第一の目的でした。
そもそも住宅の設計において、省エネ、エコロジーを標榜して、施主の皆さんにもそれをお奨めしているのに、その設計室の使っている車がエネルギー大喰らいでは、どう考えてもおかしいわけで、それで燃費の良いエコな車にしようと思ったわけです。

で、車を探し始めたのですが、もともとあまり車に興味がないので、現在どんな車種が出ているのかも、よく知りませんでした。
それで、通勤の行き帰りに街で走っている車をキョロキョロ見ていたら目にとまったのが、キューブでした。
それで、近くのディーラーに行って、見せてもらって、試乗もさせてもらって、たいへん気に入ってしまいました。

一番のポイントは、とにかく内部が広いこと。天井が高くて、フロントのガラスや側面のガラスもわりと立っている(傾斜が少ない)ので、私のような座高の高い男でも、頭の上や額の前方に十分な空きがあって、開放感があります。
あらためて街を走っているいろいろな車を見てみますと、必要以上にフロントガラスをねかしたり、サイドのガラスを上すぼまりにしたり、明らかにカッコよく見せるためのデザイン優先のものが多いです。大型のセダンなら、それでも室内のゆとりはあるかもしれませんが、小型車がそれを真似てカッコよさのために室内を狭苦しいものにしているのは滑稽だし、私の設計室の住宅デザインポリシーにも合っていません。

もうひとつのポイントは、外観のフロントマスクのデザイン。近頃の車は、ほとんどがヘッドライトが怒ったような釣り眼のものばかりで、それがどうしても嫌だったのですが、キューブは大変穏やかでかわいいデザインです。かといって、女性っぽくはなくて、しっかりした男の子という感じなのが、たいへん気に入りました。

また、色についてもグレーとかシルバーとかの系統の、サラリーマンの背広に通じるようなオジサンルックは嫌だったのと、やはり設計室の車なので、あまりマイカーっぽくしたくなかったので、最初はアッシュブルーというブルー系にしようかと思っていたのですが、実車を見て、写真でご覧のようなシャイニーブロンズという、茶色系にしました。

IMG_1685a.jpg


ただ、わりと渋い色なので、そのままではちょっとおとなしすぎる感もあるので、所々にオリジナルデザインのステッカーを付けています。これらはいずれもマグネットシート(マグネットが付かない部分は、吸着シート)なので、いつでも取り外したり、位置を変えたりすることができます。
またこの写真には写っていませんが、設計室名を記したマグネットシートもあって、現場へ行く時などは、それも付けています。

あ、肝心の燃費ですが、1500CCエンジンで、レギュラーガソリンでリッター13キロくらい走ります。ガソリン代は以前の半分になりました。

以上、設計室の車の紹介でした。
スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示